50歳からこそ歯の審美

50歳からこそ歯の審美
50歳からこそ歯の審美2011年5月号の婦人画報に白肌メソッドの効果がグンとアップする “50歳からこそ歯の審美”が特集されました。

50歳から歯を白くする方法として3つの“ing”を紹介しています。

歯と口腔内を徹底的に掃除する 「クリーニング」
2つ目は、歯そのものにダメージを与えることのない形での 「ホワイトニング」
3つ目は、金属の詰め物やかぶせ物(クラウン)を樹脂やセラミックといった白い素材と取り替える「クラウニング」の3つの“ing”です。

婦人画報世代の歯は確実に年齢分の汚れが蓄積しているので心身にまで効果を与える審美治療は50歳からこそするべき治療だとレポートしています。


配信 Willmake143