ブルーベリー,の健康効果

ブルーベリー,の健康効果
ブルーベリーの健康効果日経ヘルスには、どんな食事が病気の予防になるの?また、どんな習慣がアンチエイジングにつながるの?世界中で進む、“健康”にまつわる研究について、注目の最新結果を紹介するコーナーがあります。
同誌2019年8月号では、ブルーベリーの青色の色素が血管の働きを回復させるとして、次のように研究内容を紹介していました。

ブルーベリーに含まれる青色の色素「アントシアニン」は、血管の健康に役立つことが、英国の研究でわかった。
健康な男性60人を対象に複数の試験が実施された。血管の健康状態は、血管内皮細胞の機能を測る検査で評価した。まずブルーベリー飲料(ブルーベリー100gでアントシアニン150mgに相当)とアントシアニン160mgを含む飲料、それらを含まない飲料が比較された。
摂取2時問後、前者2つの飲料の群では血管内皮機能の改善が見られた。その効果はアントシアニン量が多いほど高いことも判明。
ブルーベリー飲料を1日2回、1ヵ月間摂取する試験では、1週間で血管内皮機能は改善、2週間後はさらに改善し、それ以降も改善は維持された。
またブルーベリー飲料を1ヵ月続けると、収縮期血圧(上の血圧)も低下した。 「ブルーベリーの継続的な摂取は心臓や血管に良い効果をもたらすだろう」と研究者らは述ベ ている。




ブルーベリーの健康効果2019年7月2日に放送されたテレビ朝日系『名医とつながる!たけしの家庭の医学』でも、ブルーベリーに含まれる色素成分のアントシアニンが血糖値を下げる働きがあり、高血圧の改善に大きな効果が期待できることを紹介しています。
日本でプルーベリーというと「目にいい」というイメージが強いですが、ブルーベリーは米国ではスーパーフードに位置付けられており、さまざまな面での健康効果に関する研究が盛んに行われているそうです。
科学系ニュースのサイト「ライブ・サイエンス」がスーパーフードとしてその筆頭に挙げているのが、心臓や認知機能の改善、糖尿病などへの健康効果が注目されているブルーベリーだとニューズウィーク日本版ウェブ編集部が2019年6月21日にアップしていました。

配信 Willmake143